デンタル器具

親知らずは、そのまま残しておくことで、マイナスになる働きを多く行います。
それにより抜歯されることが多くありますが、その後に新しく入れ歯を入れたりする必要はありません。

もともと親知らずは歯が生えてこないはずのスペースに生えてきます。
なので、そこに新しく歯を入れることは不可能に近く、親知らずがなくても普段の生活(食事など)には全く影響を及ぼしません。

そんな親知らずですが、先ほどから紹介しているマイナスになる働きとは、どのようなものがあるのでしょうか。

親知らずは奥歯のさらに奥に生えることが多いので、歯ブラシが届かないことがあります。
歯磨きがきちんと行えないということは、歯垢が溜まったままになるということになるので、歯周病や虫歯になってしまう可能性が高くなります。
さらに歯垢はそれらの原因以外にも、ひどい口臭の原因になることもあります。

親知らずは正常に生えてこないことが多いため、正常な歯と親しらずの間に隙間ができ、そこに汚れが溜まることで虫歯になってしまうこともあります。
歯と歯の隙間なので、二つの歯を虫歯にしてしまう危険があるのです。

このことから、親知らずは虫歯や歯周病などの歯の病気になる可能性を高くしていることがわかります。
なので、親知らずの抜歯を歯科医院できちんと行い、歯の病気を予防しましょう。